流し読み

どうでもいいこと

方言

方言。地方出身でその辺色々悩んだという方もいるだろう。僕も頻度は高くないが、たまに指摘される。「~だべや」「~しょや」「~だべなぁ」「したっけさ」等の接尾語や接頭語は癖でついつい使ってしまうことが多い。また、命令形も例えば「やめろ」→「やめれ」のように、本来最後の音がオ段で終わる筈のところでも、エ段で終わる。他には、有名なところで「なまら」も使いがちだ。あとは「コーヒー」や「幼稚園」のイントネーションが変らしい。

 

北海道弁

↑ーヒー↓

↑うちえん↓

標準語

コ↓ー↓ー

よ↓う↑えん

 

こんな感じの違いがあるようだ(太字部分はアクセントが置かれるところ)。尤も、僕が住んでいた地域はさほど訛りが強くない、いやむしろ弱い部類なので明確に方言が他者に認識されることは頻繁ではない。

 

 

自己紹介したとき、「方言喋ってみて!」と言われるのが甚だ苦痛である。別に方言を喋る人間は面白い鳴き声を上げる珍獣などではないし、そもそも日常会話の中で自然に出るのがその人本来の言葉であるのに、急に喋れと言われても困る。喋ってみてと言われると、見世物にされているような気分で不愉快だ。

以前、関西出身の人にそんな話をしたら「上京してから関西出身って言うと『ボケてみて!』だの『面白い話して!』だの言われてめちゃくちゃ迷惑だ」みたいなことを言われた。確かに、関西人だからというだけの理由で全員吉本の芸人さんみたいにボケたり突っ込んだりすぐさまできるわけでもないだろうし、面白い話がスラスラ出てくる人もいればそうではない人もいるだろう。

こういう話をするとたまに「田舎コンプ丸出しじゃん、キモいな」みたいな指摘をする人がいる。言っておきたいのは、僕が不愉快に思っているのは見せ物小屋の珍獣を見るような感覚で方言を喋らせようとする行為であって、方言を喋ること自体は別に何とも思っていない。小さい頃からずっと使ってるんだから、今更完全には抜けないのだ。僕と接することがある人だと、もしかしたらたまに「こいつなんか変な言葉使ってるな」といった感覚があるかもしれない。別にそれはいいと思う。その人と僕は生まれた地域も環境も違うのだから、むしろそういう感覚を覚えて当然だろう。

そもそも突然「方言喋ってみて!」と言われても、例文や台本みたいなものもなしにいきなり心の準備もなくフリートークをしろと言われるようなものであって、余程会話の場数を踏んだ人でなければ、だいたい上手くいかないものである。「方言喋ってみて!」=「好奇の視線で見られている」+「だいたい上手くいかない」。嫌になったりイライラして当然だと思うのだが、いかがか。