雑記帳。

色々書いていく

精神科に関して

精神科に通院していると言うと、何やら脳に恐ろしい病を抱えているのではないかとか、頭のおかしい人ではないかとか誤解されることがたまにある(もしかしたら僕に自覚症状がないだけで、本当はそうなのかも知れないが)。実際に通っている立場から見ると別にそんなことはないのだが、未だに精神科に関するイメージは「何か怖そう」といったものが多いように感じる。今回は、実際に通院してみて感じた精神科の実像と、通院する際気を付けることについて、少し述べようと思う。

 

精神科は、だいたい完全予約制である。予約は得てしてかなり埋まっていることが多いので(僕がこれまで通院したor通院を考えた病院はどこも予約はギッチリ埋まっていた)、もし通院を決意したならなるべく早めに予約の電話を入れるのが大事だ。人気の病院になると、下手すると1カ月くらい待たされたりすることもある。

待合室の雰囲気は、意外とのんびりしている。僕も通院する前は、待合室には奇行を繰り返す人がいたりするのではないかと戦々恐々としていたが、通院して半年以上になる今でもそんな人は見たことがない(無論僕がまだ見たことがないだけで、そういう人がいないとは言い切れない。これはあくまで僕の経験上の話である)。内科や耳鼻科の待合室と、大した変わりはないように感じた。

待ち時間は、予約状況や病院にもよるが、わりと待たされる方だと思う。一人一人の診察時間が長いためであろう。初診の時は問診票を書いていたら時間が潰れるが、2回目以降の診察では待っている時間暇なので、本を持っていくかスマホでも弄っていればいいのではないだろうか。

診察は、特に初診だと色々訊かれる(当たり前だ)。初診の場合は現在の症状・悩んでいること、いつ頃から発症したか、原因として考えられることなどが主な質問になろう。まあこういうことを訊かれるのは精神科に限った話ではない。2回目以降の診察なら、前回からの変化、薬の効き具合などについて訊かれる。これも精神科に限った質問ではないだろう。

最後に。現代日本では医療費は3割負担とはいえ、何度も通院しているとその金額は決して馬鹿にはならない。そこで、長期の通院が予想される場合は自立支援医療の申請を行うのがいいだろう。詳しくは通院先の窓口などで聞くのが一番だろうが、精神疾患てんかんを含む)の治療のため、継続的通院が必要な人に関して、申請すれば医療費が1割負担になるという制度である。ちなみに期限は1年で、1年ごとに更新が必要となる。

この文章が、これから精神科通院を考えているという人の一助になれば、望外の喜びである。